画像1 画像2 画像3 画像4

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
ローズについてエコマット社とは?カルロボ社とは?カルロボ社とは?カルロボ社とは?カルロボ社とは?カルロボ社とは?カルロボ社とは?
roseについて
ローズの豆知識

バラは、その芳醇な香り、美しく華やかな姿に、人々は魅了され、何とも言えない雰囲気につつまれて優雅な気持ちになります。
バラの香りは、単に香りがいいというわけではありません。古代より、世界各地では、家庭の治療薬として、使われてきました。ローズウォーター・ローズ精油・花びら・香りなどが、一般的に家庭療法家によって処方され、治療に利用されました。
バラは、抗菌作用・抗ストレス作用・鎮静効果・スキンケア効果など、上質な香りとその多様性に富んだ貴重な薬効成分を合わせ持ち、現代においても、広く利用、親しまれております。

*バラの香りの効用
 ●抗菌作用
 ●スキンケア効果
 ●鎮静効果
 ●血液の循環を活発にする
 ●ホルモンのバランスの調整

水蒸気蒸留法

水蒸気蒸留法でとられたオイルは、ローズオットーと呼ばれています。早朝摘み取ったバラの花と水を蒸留釜に入れ、スチームで蒸留します。そして、香気成分を含んだ蒸気を冷やすと液体になり、油分が水の上部に浮き、ローズ・オイルとして分離されます。
また、製造時に副産物としてローズウォーター(バラ水)が生産されます。

☆水と花だけしか使っていない昔ながらの抽出方法で、バラはその日のうちにローズオイルとローズウォーターに生まれ変わります。
水蒸気蒸留法


超臨界流体抽出(Co2抽出)とは

二酸化炭素に圧力と温度を加えて行くと、約72atm・温度31℃の点で、気体とも液体ともつかない状態になります。この点を「臨界点」といい、この点を超える状態を「超臨界流体」の状態といいます。
「超臨界流体」の状態は、気体と液体の両方の性質を持っていて、プロポリス原塊や植物などの天然成分を溶かしだす強い力があります。そして、含有成分を溶かし出した後に圧力を下げると、二酸化炭素は普通の気体に戻って全て揮発してしまい、純粋な抽出物だけが残ります。この原理を精油の抽出に応用した方法が、「超臨界二酸化炭素抽出法」と呼ばれています。

ヨーロッパにいまだ数台しかない超臨界流体抽出の機械の一つが、ECOMAAT社にあります。しかもこの機械でローズオイルを抽出しているのは、現在ECOMAAT社のみ。抽出の過程で二酸化炭素しか用いないため、この方法で抽出された精油は、食品としても、生まれた赤ちゃんのケアにも使うことが出来ます。

超臨界流体抽出