画像1 画像2 画像3 画像4

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
ローズについてエコマット社とは?カルロボ社とは?カルロボ社とは?カルロボ社とは?カルロボ社とは?カルロボ社とは?カルロボ社とは?

カルロボ社とは

 


 

 

世界市場において、バラの天然香料の8割を生産しているブルガリア。そのブルガリアの社会主義時代に、国営の会社として設立したのがブルガスカ・ローザ・カルロボです。国内におけるトップクオリティー製品を生産し続け、”ナチュラルなものしか作らない”というこだわりを守り続けていることから、アメリカ、イギリス、イタリアなどへの輸出も増え、世界的なシェアを拡大中です。

世界が認めたダマスクローズ使用 天然素材による確かな保湿と芳香

 


天然素材へのこだわり

大事な肌に、直接触れるものだから。カルロボ社は天然素材にこだわり、且つ安全な製品作りを心がけています。
ローズオイル、ローズウォーターは添加物は一切入っておらず、バラと水だけで作っています。
クリームには防腐剤が添加されていますが、日本、EU、アメリカ、全ての国の安全基準を満たしております。

ブルガリア政府が認めたローズオイル

ダマスクローズの精油は、ほとんどの香水の核となる香りで希少なものです。ブルガリア政府は国賓の方へローズオイルをプレゼントしていますが、そのローズオイルはブルガスカローザカルロボが作っています。
右の写真は、外国の要人がブルガリアに来られた際に政府がお送りするものと同じ品です。
香水瓶

クオリティーの高いローズウォーターを使用

カルロボ社のクオリティーの良さを表現するのに最適なのローズウォーター。
他のローズウォーターよりも濃厚で甘く、華やかで上品な香りです。
ローズは熱に弱いのですぐに香りも変化してしまうのですが、このローズウォーターは1本1本商品になった状態で、日本へ空輸されますので、安定した香りのままお届けすることができます。


世界が認めた「ダマスクローズ」

約3.5トンもの鮮やかなピンクの花弁からようやく1kg抽出出来るという、ダマスクローズの精油は大変貴重です。
5月中旬から6月中旬が収穫時期で、太陽が昇る前の数時間の間に、ひとつひとつ丁寧に手摘みされます。
また、ダマスクローズは古来より「万能な化粧品」の素材として愛されてきました。
カルロボ社は自社独自に長い年月研究を重ねております。デリケートな肌の方も、お試し下さい。
「ダマスク香」の自然な香りをお楽しみ下さい。
カルロボ社ロゴ


SHOP KARLOVOへ

ブルガスカ・ローザ・カルロボとは?
ブルガリア随一、トップクオリティーのローズオイル・ウォーター商品メーカー



  社会主義時代の1947年、ローズオイルやローズウォーターの生産販売を政府の専売事業にするため、国営会社として設立されました。以来、伝統と技術の粋を結集し、1960年には自社研究所を設立。ブルガリアの独自の産業として、発展を続けました。
1997年、ブルガリアの民主化にともない会社も民営化され、ブルガリアでは広く知られています。
また、他社に先駆け、「ISO9001:2000」を取得し、ブルガリアにおけるトップクオリティー商品を生産するとともに、アロマテラピー商品など、新たな商品開発にも着手。一方で、“ナチュラルなものしか作らない”という、こだわりを守り続けていることから、アメリカ、イギリス、イタリアetcへの輸出も増え、世界的なシェアを拡大中です。
            
 
【受賞歴】

              
ダマスクローズとは?
多くのバラの中でも、特に濃厚で甘い香りを放つことから
ローズオイル、ローズウォーターの原料として古くから利用された品種の一つです。
かのクレオパトラやフランス皇妃もこよなく愛したと言われ、
現在ではブルガリアがダマスクローズの一大産地。
「バラの谷」といわれるほどの、バラ栽培に適した気候と土壌が、
世の中のセレブリティを魅了する商品を生み出しています。

 
 
  ピンクの多弁、丸弁咲きの優美な姿。多くのバラの中でも、特に濃厚で甘い香りを放つ品種として、古代から世界中のセレブリティに愛されているのが、ダマスクローズです。栽培の起源は古く、紀元前6~5世紀には始まっていたとされ、すでに古代ギリシャ・ローマ時代には観賞用として人々に知られていました。絶世の美女、クレオパトラや、ナポレオン一世に愛された皇妃ジョセフィーヌも、その気品高い香りをこよなく愛したと伝えられています。
やがて、ダマスクローズを原料としたローズオイル、ローズウォーターが製造されるようになり、薬品や香水はもちろん、その優れた成分からクリームとしても珍重されましたが、希少性ゆえ身分の高い人々だけのものでした。
 
  ブルガリアには、オスマントルコ時代の14世紀に、ダマスカス(Damascus=シリアの首都)から運ばれたことに由来し、ダマスク(Damascena)と呼ぶようになったといわれています。
そして、現在。「バラの谷」と呼ばれるほどに、バラ栽培に適した気候と土壌に恵まれたブルガリアは、ダマスクローズの一大産地となりました。ローズオイルの生産量は全世界70%、供給量で80%を占めるまでに発展し、品質も世界最高と評価されています。また、バラに、菌の繁殖を防ぐ働きがあることは古くから知られており、ブルガリアでは健康維持に役立つとも言われ、漢方薬のように薬品として利用されてきました。現在でも、自然薬をはじめ、健康食品(お茶やジャムなど)の原料として、広く使われています。
 
 
  ブルガリアの首都、ソフィアから東へ約3時間。国の中央を東西に貫く、トラキア平原がバラの産地です。中でも、クリスウラからカザンラック一帯が、「バラの谷」と呼ばれています。
北に標高の高いバルカン山脈、南になだらかな丘の連なるスレドナ・ゴラ山脈に挟まれた地形が、冬は温暖、昼夜の温度差が大きいという気候、水はけの良い土壌を生みました。つねに清らかな水に恵まれているのです。このことから、世界最高のバラが育つ谷となりました。
カルロボは、そんなバラの谷の中心に位置し、古代から現代にいたるまで、ブルガリアの東西、南北交通の拠点となっています。
                     
ローズオイル、ローズウォーター
世界トップブランドの香水に使われている香料のほとんどが、ブルガリア産。
 カルロボ社独自の製法技術が、最高の品質と評価を生んでいます。

 
シャネル、ジバンシー、ニナリッチ、ディオールなどの世界的な有名ブランド。これらの香水に共通して使われている香料こそが、ブルガリア産ローズオイルです。
原料となる花弁は、開花して日光が当たると香油成分が蒸発してしまうため、まだ暗い早朝、つぼみのうちに摘み取ります。そして、その日のうちに工場で蒸留します。
ローズオイル、ローズウォーターは、その日に摘み取ったバラと水だけで製造されます。バラの花弁から、「水蒸気蒸留法」という製法によって液を抽出。自然分離した液の上層部がローズオイルとなり、下層部からローズウィーターを採取します。ローズオイルが黄金色に対し、ローズウォーターは無色透明ですが、0.2~1.1%のローズオイルエキスが溶け込んでおり、ダマスクローズそのままの香りがします。
また、ローズオイルは、凝固する温度が低いほど良質です。基準は23度とされていますが、ブルガスカ・ローズ・カルロボ社製の凝固点は、21度に設定していることも、世界最高評価を得ている理由の一つです。
 
バラの中でも、もっとも香油成分が多いといわれるダマスクローズですが、それでも1キロを生産するためには、3.5トンもの花弁を必要し、バラ畑1ヘクタールの収穫量に匹敵します。1グラムのオイルに約3000個の花が使用されていると想像するとわかりやすいかもしれません。その3000個は、すべて一つひとつ手摘み。もし、1人が作業すれば、100日かかる計算になります。かつて、ローズオイルが「金よりも価値がある」とされ、「エッセンシャルオイルの女王」と言われることも頷けます。
天然素材によるアンチエイジングとアロマ効果
 
 
大事な肌に、直接触れるものだから--。カルロボ社商品は、天然素材にこだわった安全な製品作りにこだわっています。ローズオイル、ローズウォーターは、バラと水だけ作ります。クリームなどには安全基準を満たすために、やむを得ず防腐剤が添加されていますが、日本、EU、アメリカ、すべての国の基準を満たしており、安心してご使用していただけます。

また、ダマスクローズは古来より、「若返りを促すバラ」として、貴婦人たちに愛されてきました。このことから、ダマスクローズの成分や効能について、カルロボ社では長年にわたり、自社独自の研究を行い、バラに殺菌や保湿をサポートする力、肌を再生する効果が高まることを確認。ダマスクローズが貴婦人たちを魅了してきた根拠を証明したのです。

それが、デリケートな肌にも安心な、保湿成分が期待できるということ。独特の「ダマスク香」にはアロマ効果もあり、ストレスを和らげます。ストレスによる肌トラブルの解消へも導き、身体の内と外から健康で若々しい毎日をサポートします。
まさに、女性にうれしいアンチエイジング効果が期待できるのです。
 
 
 
バラ研究所
自社研究所を設立し、バラの成分や効能を科学的に立証。
最高品質の保持、魅力的な商品作りに活かしてます
 
多くのバラの中でも、特に濃厚で甘い香りを放つことから
ローズオイル、ローズウォーターの原料として古くから利用された品種の一つです。

かのクレオパトラやフランス皇妃もこよなく愛したと言われ、現在ではブルガリアがダマスクローズの一大産地。
「バラの谷」といわれるほどの、バラ栽培に適した気候と土壌が、
世の中のセレブリティを魅了する商品を生み出しています。
 

 





SHOP KARLOVOへ