黄金より価値ある一滴

ブルガスカ・ローザ・ カルロボとは

ブルガリア随一のトップクオリティ

社会主義時代の1947年、ローズオイルやローズウォーターの生産販売を政府の専売事業にするため、国営会社として設立され発展を続け1997年、ブルガリアの民主化にともない会社も民営化しブルガリアでは広く知られています。

女王のバラ

ダマスクローズの精油は、ほとんどの香水の核となる希少なものです。ブルガリア政府は国賓の方へプレゼントローズオイルは、ブルガスカローザカルロボが作っています。右の写真は、外国の要人がブルガリア政府がお贈りするものと同じ品です。

バラ研究所

カルロボ社は自社研究所でバラの成分や効能を科学的に立証、60年にわたり安全かつナチュラルな製品を生み出し続けています。国営企業だった1960年に研究所を設立。バラの効能について、科学的研究を繰り返し行い、バラに殺菌や保湿をサポートする力、肌を再生する効果が高まることがわかりました。

質の栄冠をかずかず受賞

他社に先駆け、「ISO9001:2000」を取得し、ブルガリアにおけるトップクオリティー商品を生産。アメリカ、イギリス、イタリア他への輸出も増え、世界的なシェアを拡大中です。日本で商品を扱えるショップは少なく、弊社「ローズプラント」始め選び抜かれています。質の栄冠をかずかず受賞

ご購入はこちら

政府が認めたローズオイル

かのクレオパトラやフランス皇妃もこよなく愛したと言われ、現在ではブルガリアがダマスクローズの一大産地。「バラの谷」といわれるほどの、バラ栽培に適した気候と土壌・栽培の起源は古く、紀元前6~5世紀には始まっていたとされています。
絶世の美女、クレオパトラや、ナポレオン一世に愛された皇妃ジョセフィーヌも、その気品高い香りをこよなく愛したと伝えられています。

ブルガリアでは健康維持に役立つとも言われ、薬としても

ブルガリアには、オスマントルコ時代の14世紀に、ダマスカス(Damascus=シリアの首都)から運ばれたことに由来し、ダマスク(Damascena)と呼ぶようになったといわれています。 バラ栽培に適した気候と土壌に恵まれたブルガリアは、ダマスクローズの一大産地となりました。ローズオイルの生産量は全世界70%、供給量で80%を占めるまでに発展し、品質も世界最高と評価されています。
バラに、菌の繁殖を防ぐ働きがあることは古くから知られており、ブルガリアでは 健康維持に役立つとも言われ、漢方薬のように薬品として利用されてきました。ブルガリアでは健康維持に役立つとも言われ、薬としても

黄金よりも価値ある一滴

原料となる花弁は開花して日光が当たってしまうと香油成分が蒸発してしまうため、まだ夜が明けぬ暗い早朝のつぼみのうちに摘み取り、バラはその日のうちに「水蒸気蒸留法」で蒸留され、抽出された液体の自然分離した上層部がローズオイルであり、下層部がローズウォーターとなります。

バラの中でも、もっとも香油成分が多いといわれるダマスクローズ、それでも1キロを生産するためには3.5トンもの花弁が必要で、1グラムのオイルに約3000個の花が使用されていると想像するとわかりやすいかもしれません。その3000個はすべて一つひとつ手摘み。ローズオイルが「金よりも価値がある」とされ「エッセンシャルオイルの女王」と言われる理由なのです。

ご購入はこちら

天然素材のアンチエイジング×アロマ

大事な肌に、直接触れるものだからカルロボ社商品は、天然素材にこだわった安全な製品作りにこだわっています。ローズオイル、ローズウォーターは、バラと水だけ作ります。

若返りを促すバラ

ダマスクローズは古来より「若返りを促すバラ」として、貴婦人たちに愛されてきました。このことから、ダマスクローズの成分や効能について、カルロボ社では長年にわたり、自社独自の研究を行い、バラに殺菌や保湿をサポートする力、肌を再生する効果が高まることを確認。ダマスクローズが貴婦人たちを魅了してきた根拠を証明したのです。
それがデリケートな肌にも安心な、保湿成分が期待できるということ。
独特の「ダマスク香」にはアロマ効果もあり、ストレスを和らげます。ストレスによる肌トラブルの解消へも導き、身体の内と外から健康で若々しい毎日をサポートします。

ご購入はこちら